HOME>HAMILTON>X-Copter H76616333
X-コプターオートクロノ7750 H76616333(ブラックストラップ) 販売価格はお問い合わせください。(自動返信します)
ご注文はショッピングコーナー、またはご注文フォームからどうぞ。
大空に飛び立つヘリコプターをテーマにした、ハミルトンの新アビエイションウオッチX-Copter
1918年にアメリカ航空便の公式時計となって以来、多<のビジネスや冒険飛行に同行してきたハミルトンの時計。1930年代にはTWA、ユナイテッド、ノースウェスト各社、さらに1960年代には日本航空の公認時計に認定されるなど、半世紀以上にわたり世界の航空時計として信頼を得てきました。そのテクノロジーを現代に伝えるアビエイションシリーズに、新しいヘリコプター仕様の時計『X-コプター』が登場。
自由自在に空を制覇するヘリコプターをテーマとした新機能を特徴としています。
ヘリコプターの魅力は、他の航空機にはない高い機動性にあります。短距離飛行を繰り返すパイロット
が最も気にするのは、“M.T.0.W(最大積載重量)"。気温や燃料残量、さらには積戴物や搭乗者重量によって変化する“M.T.0.W"は、離陸の都度算出が求められます。『カーキX-コプター』のインナーベゼルには、リューズ操作で"M.T.0.W"を記録する能を搭載、パイロットの片腕となり操縦をアシストします。
また、ヘリコプターはその生産国によって、温度表示が“華氏"ど摂氏"とでその表示が異なります。特にアメリカ大陸においては、ヨーロッパ製のヘリコプターを運転する際には、頻繁に温度変換を行なわなくてはなりません。そこで、『カーキ×-コプター』には、“華氏"ど‘摂氏"を変換するためのコンバータ−をインナーベゼルに採用、パイロットは瞬時にコックピットで温度変換を行なうことができます。
短距離飛行を目的とするヘリコプター操縦は、複雑な軌道を描<ため、瞬時の判断力が要求されます。
さらには、エンジン停止時の冷気運転などには秒単位での正確なカウントダウンが求められるため、操
作性に優れかつ視認性の高いクロノグラフは頼もしい味方となります。『カーキX-コプター』には、オレンジカラーとラッカー塗装を巧みに用い、夜間飛行にも対応できるよう視認性を高め、瞬時の操作中にも見やすい配慮がなされています。また、操作性に優れる特別な形状のプッシュボタンを採用するなど、パイロットの現場の声を生かしたデザインになっています。
ヘリコプターのディテールに着想したスポーティーで航空的なデザインも特徴。空気抵抗を減らすためのヘリ仕様のりベットデザインを、サブダイヤルの周囲にレイアウト。メインローターをモチーフに、大胆にカットアウトしたケースバックからは、精緻なムーブメントの動きを見ることができます。ヘリパッドやテールローターを連想させるサブダイヤルの動きもユニーク。ブラックとオレンジのコントラストはスポーティーな雰囲気であり、9時位置のサブダイヤルからインナーベゼルまでのアルミ素材のデコレーションは、精緻な航空工学を思わせるスタイリッシュなテイストに仕上がっています。
主な仕様
□機械式自動巻き(ETA7750)
□クロノグラフ機能(60秒・30秒・12時間計)
□M.T.O.W(最大離陸重量)表示機能
□ステンレススティールケース
□ラバーストラップ
□10気圧防水性能
□ガラス サファイアクリスタル
□ケースサイズ 44mm
□日本語説明書、ハミルトンBOXつき


X-コプターオートクロノ7750 H76616333

X-コプターオートクロノ7750 H76616333

X-コプターオートクロノ7750 H76616333

X-コプターオートクロノ7750 H76616333

X-コプターオートクロノ7750 H76616333

X-コプターオートクロノ7750 H76616333
↓暗所での夜光の発光イメージ。
X-コプターオートクロノ7750 H76616333


拡大写真やカタログの色と実際の色は、多少異なる場合がございます、ご了承下さい。
上記の製品仕様は予告なく変更することがあります。
Copyright(C) タナカ時計店 All Rights Reserved.
無断転載・複製を禁じます。 
トップページへ時計・用語解説お買い物方法お問い合わせこのページを閉じる